株式会社ソルト >業務内容 > 住宅用太陽光発電システム事業

住宅用太陽光発電システム事業

弊社では、一般住宅用太陽光発電システムの販売を行っております。お客様のご要望にあった最適プランをご提案いたします。

発電効率からメーカーを選ぶ

パナソニックアモルファスシリコン仕様の発電量は国内トップクラス!
夏場の出力低下が一番低く、モジュールサイズもシリコンタイプではトップクラス。
ハーフモジュール採用により屋根面積をフル活用できます。
SHARP住宅用にて国内最大級の320Wを採用!
通常モジュールよりサイズは大きめだが、サイズ規格が合うと容量を稼げるのは間違いなし。
スカイジャパン住宅用にて国内最大級の320Wを採用!
通常モジュールよりサイズは大きめだが、サイズ規格が合うと容量を稼げるのは間違いなし。
東芝サイズも小さく、集光面積を増やす為に「バックコンタクト」を採用!
メンテナンススペース確保に難ありだが、他社に負けずの容量を確保可能!

販売会社・施工会社によって同メーカーでも設置可能容量が違うのを良く耳にします。

メンテナンススペースを確保せず設計したり、実寸の改ざんが行われたケースも見受けられますのでご注意ください。

弊社では、お屋根実寸を計測した上で取扱いメーカーで選定を行った後、ご提案をさせていただいております

※上記メーカーは今までの経験にて屋根面積が少ない屋根での採用件数が多いメーカーを記載しております。

充実保証からメーカーを選ぶ

パナソニックモジュール出力保証:25年
システム機器保証:15年
東芝モジュール出力保証:20年
システム機器保証:15年(有償)
ソーラーフロンティアモジュール出力保証:20年
システム機器保証:15年(有償)
SHARPモジュール出力保証:15年
システム機器保証:15年(有償)

ほぼ全てのメーカーがモジュール出力保証を20年付けていますが、システム機器保証の延長保証(5年)等、付加価値を付けているメーカーを記載しております。

パワーコンデショナの故障や修繕が10~15年と予測されており、導入後1度目の修繕や交換に対する費用負担を心配する必要がなくなります。

しかし……10年後に故障。

10年後には蓄電池機能付きのパワーコンデショナの普及も進んでいるので、設置後10年先の生活スタイルがどうなっているのか?も大事なポイントです。

低コストからメーカーを選ぶ

イワテック長崎県産の太陽光発電(パネル)として幅広く普及しております。
県民の皆様が安心して導入できるように製造時・出荷時の2度に渡る検査を行い上質モジュールのみ施主様の元に届きます。
コストも海外メーカーと渡り合えるくらいで導入も可能です!
ソーラーフロンティア従来の結晶タイプとは異なり「銅+セレン+インジウム」などを使用している太陽光発電(パネル)です。
シリコンを使用しないことでの生産コストDOWNと量産化を実現しています。

トコトン安価での導入となれば海外メーカーが一番安いとは思いますが、日本に根強い海外メーカー以外は、のちの事業撤退リスクも検討の視野に入れる必要があります。
住宅用太陽光システムの設置に関しては、今後のスマートリノベーションを行っていくなかで、費用コスト抑えたい方は上記メーカーをお勧めします。

屋根下地がバラ板で心配の方

まずは野地板にも種類があるので、ご自宅の屋根がどれにあたるのかご確認下さい。

野地板種類特徴
構造用合板地震や台風で建物が変形するのを防ぐ目的で使用されている。
特に強度がある合板です。
OSB (配向性ストランドボード)木質ボードの一種になります。
薄い木片を重ねて高圧圧縮した構造用木質ボードです。
パークティルボード残廃材を原料とし、木材小片に接着剤を混合し熱圧で成形した木質ボードの一種です。
センチュリーボード硬質木片セメント板になります。
防火材料として多く用いられます。
杉皮野地板杉材でできた野地板になります。
古き時代より用いられてきた工法です。

上記、野地板にて対応可能なメーカーは以下になります。(一例)

構造用合板SHARP パナソニック イワテック
OSBパナソニック 東芝 イワテック

※各メーカー条件などもありますので詳しくはお問合せ下さい。

住宅の老朽化で設置が心配な方

まずは、既存屋根材の状態、ルーフィング状態、雨漏れ状態など、屋根裏状況確認を行うことをお勧めします。

通常、太陽光発電(パネル)を設置することで、家屋に対する重量は金具取付部分に4~6Kg程度しかかからず重量問題はありませんが、長い月日に耐えれるか現状確認が必須項目となります。

分電盤(ブレーカー)などに関しても年数が経ってるのであれば、小ブレーカーなどの新設よりも、分電盤(ブレーカー)自体の取替が必要性な場合も御座いますので、まずはしっかりと現状確認を行い、契約後の追加工事が発生しないように、事前調査をお勧めします。

モジュール変換効率が気になる方

「モジュール変換効率」は1m2あたりの発電量が目安になってきます。


1,000w(太陽光エネルギー)を100%とした場合、以下の試算で計算ができます


「公称最大出力÷モジュール面積(m2)×(1000/m2)×100」

しかし、モジュール変換効率は太陽光モジュールの種類によって異なると同時に環境によっても大きく違うため「一定基準」を決めて比較されます。

モジュール変換効率を計測する基準

モジュール表面温度=25°C

分光分布AM(エアマス)=1.5

放射照度1000w/m2


エアマスとは、太陽光が地上に入射するまでに通過する大気の量、太陽光パネルの種類によって光の波長に対する感度が違うためエアマスを一定にする必要があります。

真上からの日射をエアマス=「1」とすると「1.5」は48.2度となります。

放射速度は1m2あたり1000w(1kw)の光エネルギーが入ってくる状態を示すことになります。

「モジュール変換効率」とは、ある一定値での数値であり、同条件にて発電可能な時間帯は極めて少ないという事になります。

ハウスメーカーの特殊な屋根で心配な方

屋根材が特殊な場合、屋根裏も特殊な事が多いので、一度現地調査を行ったほうが良いと思います。

弊社では、アルミ製造会社との連携により、数社メーカーにて認可取得済の架台・金具をご提案出来るのでお気軽にお問合せ下さい。

シミュレーション通りの発電量が心配な方

基本的には「JIS」「NEDO」などの機関にて定められた規格を用いてのシミュレーションを各メーカーにて行っているのでご安心下さい。

しかしながら、周囲の地形などは考慮されておりませんので「周囲の山が高い」「近くの林や木」で日射が遮られる場合、環境にあった測定が可能な会社にお願いする方が良いです。

弊社では、そのような場合にも測定できるシステムを準備しておりますので、ご遠慮なくお問合せ下さい。

省エネ機器も検討したい方

太陽光発電システムは創エネと呼ばれ、今後創り出したエネルギーを上手く活用する為、電力をコントロールできる省エネシステム機器が必要になってくるでしょう。

各メーカーにて「HEMS=ホームエネルギーマネージメントシステム」の販売も開始され、今後の家電製品は「HEMS」にリンクする物が多く販売されます。

資源薄による燃料費高騰、家計への負担を少しでも減らしていくために、弊社ホームページ内「住宅電力コンサルティング」を閲覧下さい。

アフターメンテナンスが心配な方

本来「メンテナンス」というのは、製品を正常に稼働させるための修繕行為にあたります。

太陽光発電でのメンテナンスと呼ばれ行われているのは「メンテナンス」という名の「点検」を行っている業者が95%といわれ、全国の設置済み太陽光発電の約3割で異常発生が報告されています。

モニタリングを確認し「発電チェック」を行う。

これだけでは、太陽光発電は天候・季節に左右される物ですので正常値などを調べることは、ほぼ無理な事です。

例えば、パネル1枚の調子が悪く稼働してないとしましょう。(※1枚200wのパネルを例に上げます。)

単純に年間約200kWhの損失、月間約16kWhの損失となってきます。

この発電量の誤差は正常値の範囲内として見落とされる事がほとんどです。

その見落としが年間約7~8000円の損失をおこします。

定期的な点検という名のメンテナンス

発電設備の日々の状態を管理・把握・点検を行い修繕をしていく、これは一般電気事業者と呼ばれる電力会社の発電設備は全て行われております。

弊社では、永くクリーンエネルギーを創り出してもらう為、保守管理メンテナンスに力を入れております。

詳しくは弊社「メンテナンスサービス」を閲覧下さい。

取扱メーカー一覧

パナソニックアモルファスリモコン仕様にて発電量は国内トップクラス!
夏場の出力低下率が一番低く、最新のモジュールからシステム補償を15年に延長
SHARPメーカー自体にてWebモニタリングサービス有り!
アフター面でのサポートは充実!!
三菱住宅用のパワーコンディション変換効率は世界No.1!
塩害対策の「三層構造バンクフィルム」や雨や埃対策の「防汚フィルム」など独自の強みをアピール
東芝バックコンタクト方式により集光面積UP!(250W・125Wに限る)
モジュール変換効率20.1%にて世界No.1
スカイジャパン住宅用にて国内最大級の320Wを採用、規格が合えば容量を一番かせげる
ソーラーフロンティア従来の結晶タイプとは違い、「銅+セレン+インジウム」を使用することで実発電量が期待できます!
リクシル単結晶・低照度セルを採用!
通常の結晶タイプよりも弱い光を集光可能に!
イワテック長崎県産品として国際認証機関をクリア。
独自の架台にて垂木に直接取り付ける工法『ヤピット』を開発!!

太陽光発電システム設置後の保証体制

イワテック

施工事例

【支持瓦工法】

支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例

屋根の形状は様々、自宅の屋根で一番発電効率が稼げるメーカーを選ぶ必要があります。

メーカーによっても規格が違うパネルがございますので、弊社取扱メーカーより効率が良い太陽光発電のモジュールを2~3提案させて頂きます。


【支持金具工法】

支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例

各メーカーにて定められた金具があり、施工方法も定められております。

決められた方法での施工を行わないと、メーカー保証が適用されないことがあります。

また、雨漏りの原因になることもありますので、弊社では施工ID取得のための研修などに参加し、100%の保障体制にてご提案させていただいています。


【キャッチ工法】

支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例

【スレート工法】

支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例支持瓦工法施工例

導入事例

太陽光導入事例

大村市 M様 10kW

太陽光導入事例

長崎市 Y様 5.8kW

太陽光導入事例

大村市 I様 6.0kW

太陽光導入事例

諫早市 U様 4.0kW

太陽光導入事例

雲仙市 M様 6.0kW

太陽光導入事例

佐世保市 Y様 8.8kW

太陽光導入事例

諫早市 O様 19kW

太陽光導入事例

長崎市 M様 6.0kW

太陽光導入事例

諫早市 N様 10.5kW

太陽光導入事例

長崎市 S様 4.0kW

太陽光導入事例

東彼杵 Y様 10.96kW

太陽光導入事例

南島原市 N様 4.71kW




LINEでお問い合わせ電話でお問い合わせ